Home » コープ旅行 » 広島 平和学習の旅

Pocket

組合員のみなさま、こんにちは。

2月7日(水)~8日(木)1泊2日で広島添乗に行かせていただきました。

コープあいづ 労働組合様の平和学習の旅です。会津からバスで羽田空港へ行き、そこから広島へ。
かなり早く出発したのですが、首都高速の事故渋滞でぎりぎり間に合いました。
朝から胃が痛くなります・・。

そして広島へ。

空港近くのホテルで昼食を召し上がっていただいた後市内へ。エリアワンというホテルですが、支配人の名倉みおさんとフロント方が親切で、広島土産話や会津へ来たらどこがいいかなど、色々話をしました。
みなさんも機会がありましたら利用されて下さい。

空港迎えのバスは北部から来たらしいのですが、雪が20cm積もったとの事。
バスが凍り付いていまして、トランクが使えませんでした。
市内は雪はなかったですが・・寒いです・・会津より寒かったです。

広島平和記念資料館で、被爆を体験された方の話を伺いました。

國重 昌弘さん  中学2年14歳の時に爆心地から2㎞離れた東練兵場で、畑の草取り作業をする前に朝礼をしていた時に被爆されました。ご高齢でいらして、お話しいただくのも大変かと思われましたが、それでも何かを必死で伝えようとして下さる姿勢に心打たれました。

平和な世界に生きている私たちが戦争を体験しないこと、それが一番守るべきものだと感じました。
館内も見学させていただきましたが、13歳くらいで被爆された生徒さん3人の制服や帽子やベルトなど、3人の遺品を併せて一人分としてしか飾れない事実に、何も言えなくなります。
まだ幼い顔の少年たちの写真と遺品を見比べて・・思い出しただけで涙が出てきます。

この資料館の意味を若い方たちが真剣に受け止め、二度と戦争を起こさない!そう心に刻んでいく事が大切なのだと思いました。

夜は、ホテル近くのお好み焼きが食べられるお店を予約しました。
鉄板焼きのお店 弁兵衛 大手町店。(お好み焼きがメインですね)
私はお客様とは別のカウンター席です。でも、お好み焼きが食べられました・・嬉しい。

これが私の夕食です。美味しかった・・ありがとうございます。
目の前にある梅酒の瓶が気になって気になって・・お水を飲みながら眺めていました。

お店の雰囲気も、従業員の方もしっかりしていて安心できます。

隣の席に座った、東京から出張で広島に来られたビジネスマンの方と2時間話をしていました。
お客様がお食事中も、その方がいて下さったので楽しい時間を過ごせました。
縁は、どこにあるか分からないですね。いい時間でした。

翌日は、朝早くからコープひろしまの方にお越しいただき戦跡めぐりへ。
平和記念公園の周りには、たくさんの慰霊碑が建っています。
目の前の川では、何万人という亡くなられた方の遺体が浮かんでいたと聞きます。今、目の前には穏やかな川が流れていますが、資料館で見た光景と重ね合わせますと、ただ・・苦しいです。

戦跡めぐりの後は、少しだけ宮島に立ち寄ることにしました。
着いたときは干潮で、鳥居は大地の上に立っておりましたが、帰る頃には水を湛えていました。

厳島神社は言わずと知れた、平家の氏神であり平清盛が社殿を造営しました。
清盛の深い思いを柱の一本一本から感じることが出来ます。
私は平家納経に興味があり、宝物館へ立ち寄りました。
展示してあるのは模写ですが、本物は大切に奉納されているそうです。
国宝です。
受付の方に伺いましたら寸分たがわず、ほぼ一緒であると仰ってました。まったく色褪せない毛筆の文字は、平家一門の志に触れた気がします。

私は源氏派ですが・・。

平和の意味と歴史の深さを感じた1泊2日の旅、コープあいづ労働組合様、ご利用いただきましてありがとうございました。

また機会がありましたら、ご一緒させてください。
感謝申し上げます。

2018.02.11 R/HIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*