草間彌生美術館

草間彌生美術館

Pocket

組合員の皆様、こんにちは。

桜も満開ですね、花見には行かれましたか?
私はまだなので散る前には行きたいと思っております。

さて、今回は私が前から絶対に行きたいと思っていた、
草間彌生美術館です。

早稲田駅と神楽坂駅の中間ぐらいでしょうか、正直迷いました・・。
Googleに話しかけながら、ようやく到着。かなりの遠回りをしたようです。
ですが、遠くからでもすぐ分かりました。

入口から草間ワールドです。
水玉の壁と流線型の入り口が、現代社会との決別のドアのような・・。
上手に言えませんね、すみません。

中に入るとシンプルな白の世界。
余計なものは何もない、そこには草間さんの存在だけが生きている。
そんな感じです。

1階は受付と小さなショップ
2階からが展示室になります。

今開催されていますのは、幾兆億年の果てより今日も夜はまた訪れてくるのだー永遠の無限
2019年4月4日~8月31日まで開催されています。

2階の展示室には、Infinity Nets<部分>をはじめ、初期の作成の様子が写真や資料で展示されています。
この無限の網は、ワシントンのナショナルギャラリーにも部分がありました。
かなりの評価を受けた作品ですね。

私は初めて知ったのですが、草間さんは元々は日本画を勉強されたそうです。
家族の方の反対があり、若い頃は葛藤の中で時を過ごされたと書いてありました。

草間さんの絵は、すべてが内面からの叫びであり、魂の行きつく場所を表現されているのだと思います。
心のままにキャンパスに向かい、映し出す。
相当の才能ですよね、心に響くものがあります。

3階には草間さんらしい色鮮やかな絵があります。
ひとつひとつにテーマがあり、それは無限の宇宙だったり、
平和への祈りもあり、長くて短い人の一生を思い考えるものもあります。
草間さんの頭の中は、それこそ無限で未知数の思考の世界なのだと思います。

4階に天国の階段という体験型の展示があり、上と下に鏡が付いていますので、それが永遠に続く階段に見えます。
色が変わるようになっており、それが人生を表しているのかなと思いました。
ここでは、不思議と涙が出そうになりました。。

なぜかは分かりませんが暗闇の中に浮かぶ永遠の階段が、何かを伝えてくれたのかもしれません。

その上は草間さんの書籍が並んでおり、見入ってしまいます。。
草間さんの人生そのものが芸術で、その深い心の奥底は誰にも見えません。

少しだけ垣間見れるのが作品たちなのですね・・・。

屋上は見晴らしのいい場所です。

青空の下、ステンレスに色とりどりの水玉の描かれたかぼちゃがあります。
草間さんと言えば、かぼちゃですね。
最後のこの景色が、明るい未来への希望なのだと感じました。

芸術の春?
大好きな作品に触れて、心を癒す。
大事な時間ですね。

また、お会いしましょう・・。

2019.04.19
R/HIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です