Home » コープ旅行 » 桜いっぱいの目黒川

Pocket

組合員の皆様、こんにちは。

季節はすっかり春なのに、雪!!

いかがお過ごしでしょうか?

さて、私は大好きな桜いっぱいの目黒川に行ってきました。

とその前に、今回利用しましたのはJR東日本の日帰りTYOです。
2名から利用可能な新幹線往復指定とホテルランチや、グランスタなどの商品券付きのパッケージです。

私は目黒雅叙園のブッフェランチのセット。
郡山発でなんと@15,100安い!!!
普通に新幹線を買っても@16,400です。
しかも高級ホテルランチつきです。
これはすごい!!

という事で、まずは山手線で目黒へ。

ホテルは駅から歩いて7分ぐらいでしょうか?
豪華なホテルです。
ホテルの中に滝があります。
長い廊下は水とオブジェの癒し空間。
高級ホテルの名にふさわしい素敵なホテルです。

ランチ会場はKANADE TERRACE
高級感漂うレストランは落ち着いた雰囲気です。

私は今回11:00~の予約でしたので、誰も手の付けていない皿から料理を取るという贅沢を味わいました。

前菜はカブとタコのカルパッチョやカマンベールチーズとトマトのマリネなど7種類ぐらい?ありました。
メインは牛とチキンのグリル。
ソースも何種類かありまして、私はチキンにマスタードと岩塩にしました。
サラダも新鮮です。

フライドオニオンやパウダーもセットしてあります、嬉しいですね。
そして、パンが美味しい!!パン好きな私には最高。
クリームチーズにグリーンはアボガド?
オリーブオイルもあります。

この何気ないセッテイングが高級ホテルならではですね。
もちろんデザートも種類が豊富。
季節感のある桜のパンナコッタもいただきました。
大満足の90分でした。

そして、このホテルにはもうひとつの施設があります。
百段階段です。
東京都有形文化財 昭和10年に建てられた木造建築。
99段の階段で結ばれた部屋は、昔このホテルが大きな料亭で、宴会場として使用された場所だそうです。
各部屋の天井や欄干には当時有名だった画家の方が描かれた、煌びやかな日本画が残されています。

上から2つ目の部屋の画家は、どこかに美術館があるぐらい有名な方との事。
階段を99段上がった最上階の部屋は、壁に影絵のある丸窓の演出。
お香と緩やかな曲の流れる癒し空間となっております。
1時間ぐらい、いられそうです・・。

この貴重な建物が残ったのは、戦時中に海軍の病院の別棟として使用され、赤十字の旗が立っていたからと聞きました。
これも運命でしょうか。

また、階段がなぜ99段か?
その答えはその部屋に書いてありました。
昔から奇数が縁起のいい数字で、ひなまつりも端午の節句も七夕もみんな奇数の並んだ数字です。
なので、奇数の並びの最高値99にしたそうです。

奇数が縁起のいい数字だという事をこの年にして初めて知る!
学ぶことはまだまだありそうです・・(知識なさすぎとも言います)

さあ、ようやく目黒川へ。
いつもは中目黒から行くのですが、今回はホテルの裏が目黒川。
目黒駅側から中目黒へ向かって歩いてみました。
3kmぐらい歩いたでしょうか。
膨らんだお腹には、ちょうどいい感じです。

桜は満開と言うよりも散り始めでしょうか。
でも場所によっては蕾があるので、まだまだ見られそうです。
川に沿っての長い桜並木・・この場所は、なぜこんなにも人を惹きつけるのでしょうか。
やっぱり桜ですよね。

日本人の心・・決して濃くはない淡いピンク色の優しさ。
強さと共にある、散り際の儚く美しい凛とした姿。
それかな・・・と私は思うのです。

散った後も必ず、翌年に美しい姿を見せてくれます。
そんな人間になりたいと心より願い、文を締めたいと思います。

平成最後の桜の季節を、どうか存分にお楽しみください・・・。

2019.04.03 R/HIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*