Home » コープ旅行 » 高岡山瑞龍寺と金沢城の旅

Pocket

組合員のみなさま、こんにちは。

梅雨の足音は聞こえそうなのに、暑い日が続いております。体調はいかがでしょうか?
無理をせずに深呼吸しながら、お過ごし下さい。

さて、今回は添乗で同行させていただいた場所をご紹介します。

何度かご一緒させていただいております、お寺さんの団体参拝の旅です。
第一目的は国宝の高岡山 瑞龍寺の団体参拝です。
こちらは大変立派な寺で加賀百二十万石の財力を感じさせる、江戸初期の典型的な建造物となっております。前田利長の菩提寺であり、曹洞宗の名刹です。
(これは案内に書いてありました)
とにかく広々として重厚なお寺さんです。

今は屋根の修復中ですが、機会がありましたら是非行かれて下さい。
   

こちらではご住職でしょうか?案内をして下さるのですが、それがとても素晴らしい!
歴史と現代の時事問題を交えながら面白おかしく案内してくださいます。
すごく頭のいい方だと思いました。
京都でも感じましたが知識と教養と理性を兼ね備えた方しか、その道には進めないのだと実感いたしました。

そして、予定外の高岡の大仏も拝観。
こちらは日本三大大仏のひとつで、奈良・鎌倉・そしてここ高岡なのだそうです。
こちらでもボランテイアの案内の方がいらして、お話してくださいました。
 

宿泊は和倉温泉 美湾荘。
海沿いの落ち着いたお宿で、従業員の方が皆さん優しいです。
宴会の時についてくれたお姉さん方が、歌に踊りにお見事で感動しました。

ありがとうございました。

翌日は金沢ひがし茶屋街と金沢城へ。
こちらでもボランテイアガイドさんにお願いしてありましたので、待機していて下さいました。
ボランテイアで暑い中を丁寧に案内してくださいます。
日本人って素晴らしいですね・・・ボランテイアですよ。
  

正直、自分の普段の姿勢に猛省しました。人の為に何をしている?
すごく考えさせられました。

その後は近江市場で海鮮丼を食べてお買い物。
私は駐車場へ戻る途中、ふと通りにある喫茶店に立ち寄りました。珈琲専門店で、いろいろな種類が置いてあります。
昼食を食べたばかりなのに、手作りプリンをオーダー。
美味しいコーヒーと共にひと息。

カウンターに座り、隣のご婦人が地元の方らしいので話を聞いてみました。
ずっと金沢に住んでいて、ひがし茶屋街の近くに自宅があるとの事。
昔は夕方になると茶屋街から三味の音色が風と共に流れてきて風情があったそうです。
夕方になると黒塗りの車がずらっと並んで、それはそれはすごい光景だったと。
今は、間にビルやマンションが建ち、そして観光化された街に寂しさを感じると話してくださいました。
 

それは、美味しいコーヒーと共に一瞬タイムトリップしたような貴重な時間でした。
一期一会ですね・・・。

そして一番感動したのはバスガイドさん。
ベテランというのはこういう人の事を言うのだと思いました。
想像を超えた色々な分野の話を、物真似しながら聞かせて下さいます。
時に笑わせ、時に泣かせてくれる…本当に泣きそうでした。
聞いたことのない話も聞けて、すごく勉強になりました。
キャリアは積むだけでなく身に着けないと意味がないんですね。

私は今回、本当に学びました。
人を喜ばせる事が生きる本質だと感じたんです。
人のために尽くす。
これからは、そんな生き方をしたいと考えた旅でした。

ご参加いただいた皆様、ご依頼頂いたご住職、そしてたくさんの教えを下さったみなさんに感謝して、旅の締めくくりといたします。
心から、ありがとうございました。

2017.06.20  R/HIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*