Home » コープ旅行 » 東京ホテルのアフタヌーンティー

Pocket

組合員の皆様、こんにちは。
雨が降ったり急に暑くなったり、体調を崩しやすい季節です。
どうぞご自愛くださいませ。

さて今回は、東京ホテルのアフタヌーンティーのお話です。
実は前から憧れていました。
自力で宿泊するのは絶対に無理なホテルで、アフタヌーンティーだけを楽しむ。
これなら薄給の私でも大丈夫そうです。

お邪魔したのは紀尾井町にあります、
【ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町】
まず私がここに宿泊するのは無理です。
安い時でも1泊朝食付 でツインで一人35,000円くらい。
ふっ・・と苦笑いをするしかありません。
で、今回はティーだけで。

さて、場所は永田町駅から歩いて数分、紀尾井町です。
聞きなれなくて全然ピンと来なかったんですが、
江戸時代に紀伊和歌山藩の徳川邸が麹町にあり、
大火の後、こちらを拝領した場所だそうです。
紀伊徳川家・尾張徳川家・井伊家の頭文字をとり、
紀尾井町なったそう。
立派なホテルの前には、紫陽花と歴史の跡がありました。

ホテルのロビーは36階。
ここから螺旋階段を下りて、カクテルラウンジバーへ。
写真では見えないでしょうか、正面には東京タワー。
夜はとても素敵な場所でしょうね・・。

こちらのアフタヌーンティーは前菜とスイーツの盛り合わせ。
高級ホテルですから盛り合わせとは言わないですね。
プレート?
そうです、プレートです。
飲み物は好きなものを何杯でもいただけます。
前菜は真ん中に卵と生ハムとレタスのサラダ風タルト。
説明を受けたのですが忘れました。
もっと色々入っています、多分。
スポイトの中にドレッシングが入っていて、それをかけます。
周りには色とりどりの前菜が並んでいます。
お洒落すぎて食べられない!

少し時間を過ごしていると今度はスイーツのプレート。
可愛いですね・・食べるのがもったいないです。
コーヒーもすごく美味しくて、豆を聞いたらわざわざ袋を見せてくださいました。
UCCの豆ですが、多分オリジナルでしょうか。
とても風味豊かな珈琲でした。

高級なホテルの素晴らしいところは接客です。
明らかにセレブではない私にも親切丁寧に接客してくださいます。
お客様に恥をかかせない、接客の基本がここにあります。
勉強します!!

アフタヌーンテーを直接ホテルで頼むと結構な金額になります。
JRやホテルはTYOなどのパッケージで。
そしてアフタヌーンティーやランチはネットを活用。
この使い分けが、これからの旅行スタイルでしょうか。
どちらかに偏ることなく、使い分け。
ここが大事ですね。

さあ、上手な旅に出掛けましょう。

2019.6.20  R/HIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*